メニュー

下のボタンをクリックして下さい トップページ 卵子提供プログラム 代理出産プログラム提携クリニック最新ニュース症状別情報 サポート内容お問い合わせ メディア掲載履歴 治療仲間の声 カウンセリング 卵子ドナー募集 質問箱 IFCについて English Info サンフランシスコ案内 関連リンク

花イメージ

 

IFCタイトル


 

サイト移転のお知らせ

当サイトfunin-usa.comは 2004年5月末付けで、新サイト http://www.ifcbaby.net
移転いたしました。


尚、2004年6月1日以降は
新サイト http://www.ifcbaby.net
引き続きご高覧賜りますよう
宜しくお願い申し上げます。

 
着床前診断

「サンフランシスコ生殖医療センターでは、着床前診断も可能です。 詳細はこちらへ

通常の不妊治療(夫婦間の体外受精等)

インターナショナル・ファーティリティ・センターは、 ご夫婦間の体外受精等による不妊治療をアメリカで受けることを希望される方々のお手伝いも致します。

受けられる治療の種類:

  • 体外受精(IVF)
  • 顕微受精(ICSI)
  • ギフト法(GIFT)
  • ジフト法(ZIFT)
  • 受精卵、精子の凍結保存
  • マイクロサージェリー
  • アシステッド・ハッチング(胚の着床を促す技術)
  • 男性不妊の診断と治療
  • 精子バンク

日本で可能な治療を、あえてアメリカで受けられるご夫婦がたくさんいら っしゃる理由は?

当センターがご紹介するアメリカでの不妊治療には、わざわざアメリカまで出かけるに値するさまざまなプラス・アルファのメリットがあるからです。そのために、仕事を休んでも、追加の費用をかけても、それでもアメリカで体外受精(IVF)等を受けたいというご夫婦が増えてきているのが事実なのです。

医療側のメリット、ご夫婦側のメリットなど、いろいろ挙げられますが、代理出産や卵子提供による不妊治療をも容認し、生殖医療そのものを「進化」させてきたアメリカの医療体制や環境か ら自然に生まれてきたとも言えるでしょう。

日本でも可能な治療をアメリカで受けることに意義があるか否かを検討されたい方は「プラス・アルファのメリット--不妊治療をアメリカで受ける理由」をご覧になり、ご自分のいらっしゃる環境と比べてみられる事をお勧めいたします。


当サイトに掲載の記事・写真の無断掲載を禁じます。
すべての著作権はイントロメッド,Inc.に帰属します。
Copyright 2001 IntroMed, Inc. DBA IFC.
No reproduction or republication is allowed without written permission.
Send feedback to webmaster@ifcbaby.com
記事に対するご質問・ご意見には、必ず住所・氏名・電話番号を明記してください。

ボーダー

 
卵子の若返りは本当に可能なのか?
ターナー症候群の女性達、結婚をあきらめないで!
IFCトップページ
お問い合わせ卵子提供代理出産
先端不妊治療提携クリニック最新ニュース 症状別治療情報 サポート内容
メディア掲載履歴治療仲間の声カウンセリング卵子ドナー募集
質問箱IFCについてInfo(English)サンフランシスコ案内関連リンク
すでに閉経後の私。それでも可能!?60歳女性の出産45歳の決断
どこまで行ったら、卵子提供プログラムまで、進むべき?

Copyright (C) 2001 IntroMed, Inc., All Rights Reserved.