メニュー

下のボタンをクリックして下さい トップページ 卵子提供プログラム 代理出産プログラム提携クリニック最新ニュース症状別情報 サポート内容お問い合わせ メディア掲載履歴 治療仲間の声 カウンセリング 卵子ドナー募集 質問箱 IFCについて English Info サンフランシスコ案内 関連リンク

花イメージ

 

IFCタイトル


サイト移転のお知らせ

当サイトfunin-usa.comは 2004年5月末付けで、新サイト http://www.ifcbaby.net
移転いたしました。


尚、2004年6月1日以降は
新サイト http://www.ifcbaby.net
引き続きご高覧賜りますよう
宜しくお願い申し上げます。



 

日本では提供卵子による体外受精を条件付きで実施する方向へ動いているものの、現状ではまだまだ時間がかかる見通しのようです。

しかし、アメリカ・カリフォルニア州では卵子提供プログラムは早くから受け入れられ、以前は子供をもつことを断念せざるを得なかった多くのご夫婦が子供を胸に抱くことができるようになったのです。

卵子提供プログラムというのは、子宮に問題はないが、何らかの原因で奥様の卵子が使えない場合に、卵子提供者(ドナ−)から卵子の提供だけを受け、ご主人の精子により体外受精を行なった後、奥様の子宮に受精卵(胚)を移植し、奥様が実際に妊娠、出産の過程を経てお子さんを授かる方法です。

この場合は当然のことながら、提供を受けるご夫婦の条件にぴったり合うドナーを選ぶことが重要になります。当センターでは、慎重なドナーのスクリーニング(選考)と、ていねいなフォローで、医師やクライアント達から高い評価を得ており信頼のおける 多数の登録機関とネットワークしております。このネットワークにより、当センターとご契約いただいたご夫婦には、最善の条件でドナーを選択していただけます。

また、IFCの独自のリクルートも行っており、日本人のご夫婦のために、日本人、日系人を含む東洋人の卵子ドナーを常に募集、面接しております。候補者の詳細プロフィールは、すべて日本語でご紹介いたします。正式な手続きの手配はもちろんのこと、卵子の提供を受けての治療に関するすべてのコーディネートをIFCが行ないます。

「卵子提供プログラム」が可能であるという事実そのものだけではなく、アメリカで治療を受けるということ自体に重要なメリットがあります。そのメリットをまとめてみましたので、「アメリカで不妊治療を受けるメリット」のページをご覧ください。

卵子提供を受けての治療に関心がおありの方は、IFCまで詳細お問い合わせください。ご相談の内容に関しては、プライバシー・秘密厳守いたしますので、安心してお問い合わせいただけます。

 

 


当サイトに掲載の記事・写真の無断掲載を禁じます。
すべての著作権はイントロメッド,Inc.に帰属します。
Copyright 2001 IntroMed, Inc. DBA IFC.
No reproduction or republication is allowed without written permission.
Send feedback to webmaster@ifcbaby.com
記事に対するご質問・ご意見には、必ず住所・氏名・電話番号を明記してください。

ボーダー

 
卵子の若返りは本当に可能なのか?
ターナー症候群の女性達、結婚をあきらめないで!
IFCトップページ
お問い合わせ卵子提供代理出産
先端不妊治療提携クリニック最新ニュース 症状別治療情報 サポート内容
メディア掲載履歴治療仲間の声カウンセリング卵子ドナー募集
質問箱IFCについてInfo(English)サンフランシスコ案内関連リンク
すでに閉経後の私。それでも可能!?60歳女性の出産45歳の決断
どこまで行ったら、卵子提供プログラムまで、進むべき?

Copyright (C) 2001 IntroMed, Inc., All Rights Reserved.