メニュー

下のボタンをクリックして下さい トップページ 卵子提供プログラム 代理出産プログラム提携クリニック最新ニュース症状別情報 サポート内容お問い合わせ メディア掲載履歴 治療仲間の声 カウンセリング 卵子ドナー募集 質問箱 IFCについて English Info サンフランシスコ案内 関連リンク

花イメージ

 

IFCタイトル


サイト移転のお知らせ

当サイトfunin-usa.comは 2004年5月末付けで、新サイト http://www.ifcbaby.net
移転いたしました。


尚、2004年6月1日以降は
新サイト http://www.ifcbaby.net
引き続きご高覧賜りますよう
宜しくお願い申し上げます。



卵子の若返りは本当に可能なのか?
(2002年3月)

最近日本で行われた「卵子の若返り」の実験が大きな反響を呼んでいます。卵巣の機能低 下があった女性、あるいは高齢の女性の不妊の原因として、卵子の外側部分である細胞質 の老化が挙げられていたため、その女性の遺伝情報を持つ核の部分だけを使用し、外側部 分は年齢の若い女性の卵子を使うことで「卵子の若返り」を試みるのがこの方法です。

日本では、この実験が今現在話題を呼んでいますが、アメリカではすでに数年前に同じ事 が行われているだけではなく、それから多くの実験ケースが研究の対象になってきました。 この技法にブレークスルーがないためか、受精率も一向にあがらず、更に二人の異なる女 性のミトコンドリアが混在することが確認されるなど、その安全性と臨床応用の可能性が はっきりと疑問視されています。

もちろん、この手法が確立されるような日が到来し、安全性と、可能になった場合そのよ うな卵子から出生する子供が正常であることが確認できる日がくれば、こんな素晴らしい ことはないわけです。しかし、アメリカの医師達は、アメリカの先端技術と研究チームを 使っても、今後少なくとも10年は臨床応用に至らないだろう、と確信しています。当初 の期待が大きかっただけに、落胆するアメリカの女性が非常に多かったことがとても残念 でした。

新しい技術を研究するため、実験に参加するその心意気は素晴らしいものであり、そのよ うな心意気がなければ技術革新は有り得ません。しかし、これはあくまでも実験段階。今 現在お子さんを望んでいらっしゃる方たちが、この「卵子の若返り」がご自分のケースに 適用されるまで待っていらっしゃったのでは、一度しかない人生の中で、お子さんを授か る可能性を追求できる時期を逃してしまうことになりかねません。


当サイトに掲載の記事・写真の無断掲載を禁じます。
すべての著作権はイントロメッド,Inc.に帰属します。
Copyright 2002 IntroMed, Inc. DBA IFC.
No reproduction or republication is allowed without written permission.
Send feedback to webmaster@ifcbaby.com
記事に対するご質問・ご意見には、必ず住所・氏名・電話番号を明記してください。

ボーダー

 
卵子の若返りは本当に可能なのか?
ターナー症候群の女性達、結婚をあきらめないで!
IFCトップページ
お問い合わせ卵子提供代理出産
先端不妊治療提携クリニック最新ニュース 症状別治療情報 サポート内容
メディア掲載履歴治療仲間の声カウンセリング卵子ドナー募集
質問箱IFCについてInfo(English)サンフランシスコ案内関連リンク
すでに閉経後の私。それでも可能!?60歳女性の出産45歳の決断
どこまで行ったら、卵子提供プログラムまで、進むべき?

Copyright (C) 2002 IntroMed, Inc., All Rights Reserved.