メニュー

下のボタンをクリックして下さい トップページ 卵子提供プログラム 代理出産プログラム提携クリニック最新ニュース症状別情報 サポート内容お問い合わせ メディア掲載履歴 治療仲間の声 カウンセリング 卵子ドナー募集 質問箱 IFCについて English Info サンフランシスコ案内 関連リンク

花イメージ

 

IFCタイトル

サイト移転のお知らせ

当サイトfunin-usa.comは 2004年5月末付けで、新サイト http://www.ifcbaby.net
移転いたしました。


尚、2004年6月1日以降は
新サイト http://www.ifcbaby.net
引き続きご高覧賜りますよう
宜しくお願い申し上げます。



カール・ハーバート
医学博士(院長)

サンフランシスコ生殖医療センター
パシフィック・ファーティリティー・センター

Carl M. Herbert, MD
カール・M・ハーバート医学博士

1982年、アメリカ合衆国で初のART(先端生殖医療)プログラムのひとつであったフロリダ州バンダービルト大学病院の体外受精プログラムの立ち上げの中心人物であったハーバート医学博士は、優秀な医師が集まるこのサンフランシスコ市内においても、他の専門医の誰よりも長く体外受精の治療に携わってきた、極めて経験豊かな生殖生理学専門認定医です。

ハーバート博士は、祖父、父に続き三代目の医師であり、フロリダ大学において医学博士号を取得しました。博士は、フロリダ州バンダービルト大学病院において産婦人科学の研修医時代を、また生殖生理学における特別研究医としての時代を送りました。同大学病院での特別研究の終了と共にバンダービルト大学において教鞭を取り、1989年から90年のあいだは、同大学の生殖生理学部局長として勤めた経験を持っております。

1990年ハーバート博士は、後に自身が医療ディレクターとなったパシフィック・ファーティリティー・センターのサンフランシスコ・クリニックに迎えられました。その後独立開業を志し、サンフランシスコ生殖医療センターにパートナーとして参加の後、院長に就任しました。
  ハーバート博士の管轄下で、サンフランシスコ生殖医療センターは、丁寧な不妊患者ケアと進んだ生殖医療技術を誇る全米でも有数のクリニックに成長致しました。博士のこうしためざましい業績が認められ、1996年には、カリフォルニア・パシフィック医学センターという北カリフォルニア一の規模を誇る総合病院の生殖内分泌学及び不妊部門理事という重要なポストに任命されました。

1999年11月、最先端の胎生科学を駆使した最高レベルの治療プログラムを患者に提供するためには体外受精センターの一本化は必須であるとの認識のもと、ハーバート博士が率いるサンフランシスコ生殖医療センターは博士の古巣であるパシフィック・ファーティリティー・センターのサンフランシスコクリニックをその傘下に迎え入れ、全米でもトップランクの専門クリニックとなりました。ハーバート博士は、この合併後同医院の理事長として活躍されております。

先生は夫人のキャサリーンさん、二人のお嬢さんと共に、サンフランシスコ郊外のマリン郡に在住されていっらしゃいます。

提携クリニックのページに戻る
フィリップ・シェネット医学博士のページ
クリニックのサイトへ


当サイトに掲載の記事・写真の無断掲載を禁じます。
すべての著作権はイントロメッド,Inc.に帰属します。
Copyright 2001 IntroMed, Inc. DBA IFC.
No reproduction or republication is allowed without written permission.
Send feedback to webmaster@ifcbaby.com
記事に対するご質問・ご意見には、必ず住所・氏名・電話番号を明記してください。

ボーダー

 
卵子の若返りは本当に可能なのか?

ターナー症候群の女性達、結婚をあきらめないで!
IFCトップページ
お問い合わせ卵子提供代理出産
先端不妊治療提携クリニック最新ニュース 症状別治療情報 サポート内容
メディア掲載履歴治療仲間の声カウンセリング卵子ドナー募集
質問箱IFCについてInfo(English)サンフランシスコ案内関連リンク
すでに閉経後の私。それでも可能!?60歳女性の出産45歳の決断

Copyright (C) 2001 IntroMed, Inc., All Rights Reserved.